(´・ω・`)レイモンド・メリマン週間コメント10/8の週【金融占星術】2

銘柄リスト: USD/JPY, EUR/USD, GBP/USD, USD/CHF, USD/CAD, AUD/USD, NZD/USD, GBP/JPY, EUR/JPY ,AUD/JPY, NZD/JPY, NIKKEI225jpなど

チャートにマウスをあてると、右上に「Detach」「Options」という管理ボタンがでてくるので、ドロップ・メニューを選ぶと、多くのタイム・ユニット(10から500)、グラフの表示方法(棒グラフ、ろうそく足、線グラフ、またはp&f)およびタイム・フレームを選択できます。

こちらのSAXOのチャートには、TRYJPY, ZARJPY, USDJPY, NZDJPY, GBPJPY, EURJPY, AUDJPYを表示できます。
「Instrument」で各通貨の切り替え
「Chart Type」でローソク足、バーチャート等の切り替え
「Time Scale」で分足、時間足、日足、週足等の切り替え
「Studies」で移動平均線、ボリンジャーバンドが描画できます。

スポンサーサイト 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

--年--月--日--:--|スポンサー広告 | ランキング | コメント(-)|ページトップ↑

(´・ω・`)レイモンド・メリマン週間コメント10/8の週【金融占星術】2 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

Short-Term Geocosmics
短期Geocosmics
Planetary cluster forming this week is very tight, and each of the signatures involved have the possibility of coinciding with a reversal in all financial and commodity markets.
今週を作っている惑星集団は非常にきついです、そして、各々関係するサインのうち、すべての財政的なおよび必需品市場で反転と同時の可能性があってください。
じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!


It could be the first one to unfold that causes the reversal. This would be the third and final passage of the Jupiter-Uranus waning square of 2007, occurring this Tuesday, October 9. Although this 14-year signature has a very strong and consistent correlation to primary and greater cycles in the past, the first two passages of this year did not produce changes until at least three weeks later. In the first instance (January 22), the market was rising, and kept on rising into late February. Then it suddenly broke down as the transiting Sun translated this signature with its conjunction to Uranus. The second instance was May 10-11. Again the stock market was soaring to new all-time highs. But it continued making new all time highs into the first days of June – and then it once again broke down sharply, as the Sun began its translation again over this signature. This time it was the Sun forming a T-square to the Jupiter-Uranus square. There won’t be any translations this time of the Sun to the two planets involved in this signature until early December through December 21. And by that time, Jupiter will already be in the next sign of Capricorn, so we can’t count on it to produce as much.
それを述べることが反転を引き起こすことは、最初のものでありえました。これは第3と2007の木星-天王星弱まっている二乗の最終的な通過です。そして、起こることがこの10月9日火曜日です。 この14年のサインには過去に主要でより素晴らしいサイクルまで非常に強くて一貫した相関関係があるが、今年の最初の2つの旅行は後で少なくとも3週まで変化をもたらしませんでした。まず第一に、市場は上がっていて、後期の2月に上がり続けました(1月22日)。それから、通過している太陽が天王星にその結合でこのサインを翻訳したので、それは突然壊れました。第2の例は、5月10~11日でした。また、株式市場は新しい最高記録まで急上昇していました。しかし、それは新しいすべて回の高さを6月の最初の日にし続けました – それから、太陽がこのサインについて再びその翻訳を開始したので、それは鋭くもう一度壊れました。今度は、木星-天王星の広場にT定規を作ることは、太陽でした。少しの翻訳も、太陽の今度は、12月21日を通して初期の12月までこのサインに関係する2つの惑星にありません。そして、その頃までには、木星が山羊座の次の合図においてすでにあるので、我々はさらに同じだけを生じるためにそれを期待することができません。

However, this week also finds Mercury turning retrograde on Thursday, which is also the day of the new moon in Libra. Both of these geocosmic events have important historical associations with reversals in many markets. But the new moon in Libra is especially important in stock markets. Everyone knows about the “October effect,” when stock markets seem to incur a powerful sell-off. In many cases that sell off only lasts a couple days, maybe 2 – 10 days. But these declines have been very sharp in many cases. Well, the new and full moons of the Libra Sun have the highest correlation to highs from which those declines begin, or lows from which the declines end. This is a new moon week, and it happens on the day Mercury turns retrograde. That too is a geocosmic indicator of a reversal in the area of one’s focus. What was important to the market until then is no longer most important. Something else begins to worry the market more. It may be a political, or business, decision. With Saturn in Virgo (Mercury’s sign of rulership), it may have something to do with new fears in worker strikes that disrupt transportation and communications. The two days later (October 13), Venus will make its last contact to Saturn. This is generally a time of worry about money – values are decreasing again, somewhere. And there is fear it will continue. But this signature suggests that maybe not. If prices are already falling into this time, they can find a bottom and start to rebound again. But if they haven’t started to fall much, this could be the deciding factor that pushes prices down well into October, for between October 8-27, Saturn and the South Node of the Moon will be conjunct. It’s possible that worry becomes heavy, and if prices do continue to decline into the following week, they may continue to do so for several more days. But in all likelihood, these signatures suggest that many declining markets will find a bottom by the end of this month, however sharp the decline is.
しかし、この週も水星が木曜日に後退するようになっているのを発見します。そして、それは天秤座の新月の日でもあります。これらのgeocosmicなイベントの両方ともに、多くの市場に反転との重要な歴史の関係があります。しかし、天秤座の新月は、特に株式市場で重要です。誰でも「10月の影響」を知っています。そのとき、株式市場は強力な売却を招くようです。離れて売れるだけである多くのスーツケースで、二日(多分2)は、続くでしょう – 10日。しかし、これらの低下は、多くの場合非常に鋭かったです。さて、天秤座Sunの新しくて強烈な月光には、それらの低下が始まる高さまたは低下が終わる最低に最も高い相関関係があります。これは1新月週です、そして、それは水星が後退するようにする日に起こります。それも、その人の焦点における反転のgeocosmicな指標です。その時まで市場にとって重要だったことは、最ももはや重要でありません。何か他のものは、より市場を心配させ始めます。それは、そうであるかもしれません政治的な、またはビジネス、決定。土星は乙女座(統治者の地位の水星の徴候)にあって、それは輸送と通信を中断させる労働者ストライキで、新しい恐れと関係があるかもしれません。2日後で、ビーナスはそのに最後に土星と接触します(10月13日)。これは、通常、お金についての心配の時間です – どこかで、価値は再び減少しています。そして、それが続けるという恐れが、あります。しかし、このサインは、そんなに多分、示唆しないでしょう。価格がこの時にすでに落ちているならば、彼らは底を見つけることができて、再び盛りかえし始めることができます。しかし、彼らがあまり倒れ始めなかったならば、これは10月によく価格を押し下げる決めている要因であることができます、なぜならば、10月8~27日の間で、土星と月の南Nodeは結合しています。心配が重くなることはあり得ます、そして、価格が次の週に続落するならば、彼らはもういくつかの日の間そうし続けるかもしれません。しかし、おそらく、低下がどんなに鋭くても、これらのサインは多くの落ちている市場がこの月末までには底を見つけることを示唆します。
メリマンレポートならココ
スポンサーサイト

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


外国為替証拠金取引ならFROM EAST証券へ 外国為替証拠金取引なら、取引手数料無料、スプレッド1銭からの「みんなのFX」へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。