(´・ω・`)レイモンド・メリマン週間コメント10/1の週【金融占星術】3

銘柄リスト: USD/JPY, EUR/USD, GBP/USD, USD/CHF, USD/CAD, AUD/USD, NZD/USD, GBP/JPY, EUR/JPY ,AUD/JPY, NZD/JPY, NIKKEI225jpなど

チャートにマウスをあてると、右上に「Detach」「Options」という管理ボタンがでてくるので、ドロップ・メニューを選ぶと、多くのタイム・ユニット(10から500)、グラフの表示方法(棒グラフ、ろうそく足、線グラフ、またはp&f)およびタイム・フレームを選択できます。

こちらのSAXOのチャートには、TRYJPY, ZARJPY, USDJPY, NZDJPY, GBPJPY, EURJPY, AUDJPYを表示できます。
「Instrument」で各通貨の切り替え
「Chart Type」でローソク足、バーチャート等の切り替え
「Time Scale」で分足、時間足、日足、週足等の切り替え
「Studies」で移動平均線、ボリンジャーバンドが描画できます。

スポンサーサイト 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

--年--月--日--:--|スポンサー広告 | ランキング | コメント(-)|ページトップ↑

(´・ω・`)レイモンド・メリマン週間コメント10/1の週【金融占星術】3 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

Longer-Term Thoughts
より長期の考え
As stated in the introduction, I am getting a ton of mail lately asking what to do: what to do about real estate, precious metals, stock portfolios, etc.
導入において述べられるように、私は最近、何をするべきかについて尋ねている1トンのメールを受けとっています:不動産、貴金属、株式ポートフォリオ、その他について何をするべきですか

Let’s start out with the Saturn-Pluto cycle. It topped out with the opposition in 2001-2002. That was the astrological commencement of the new commodities cycle, which should be strong until these two planets form a conjunction in January 2020 (give an orb of 18 months). This downside of Saturn-Pluto’s cycle is typically when interest rates rise, taxes increase, and federal deficits expand. The economy becomes sluggish and it is not such a good “investment cycle.” The name of the game is to “protect your capital,” through savings or hedging into commodity or non-dollar based assets. This contrasts to the waxing phase of this Saturn-Pluto cycle (1982-2001), when the name of the game was “capital appreciation” through investments in things like equities.
土星-冥王星サイクルで始めましょう。それは、2001~2002年に反対で最高に達しました。それは新しい必需品サイクルの占星術の開始でした。そして、これらの2つの惑星が2020年1月(18ヵ月の球を与えます)に結合をつくるまで、それは強くなければなりません。Saturn-Plutoのサイクルのこの下側は一般的に、金利が上がる時です、税は増加します、そして、財政赤字は拡大します。経済は鈍くなります、そして、それはそのような良い「投資サイクルでありません。」、主目的は「あなたの資本を保護することになっています」、貯金またはヘッジすることを通して、必需品または非ドルに、資産は基づきました。この土星-冥王星のワックスを塗っている段階とこの正反対のものは循環します(1982~2001)。そのとき、主目的は普通株のようなものへの投資を通しての「主要な評価」でした。
じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!
So why are equity indices still rising? Because the 45-year Saturn-Uranus cycle is still heading towards its opposition (2008-2010). Once it peaks and starts to wane, I think you will see that bubble burst too, while commodities still soar. The center of this forthcoming “Cardinal Climax” is August 1, 2010. It doesn’t involve just Saturn and Uranus, but the T-square from Pluto, and all in the first degrees of cardinal signs, something we haven’t seen since 1930-31. Look for the world to substantially change its direction in regards to financial markets and economic trends within 18 months of that date.
それで、なぜ、資産指数は、まだ上がっていますか?45年の土星-天王星自転車がその反対勢力(2008~2010)にまだ向かっているので。一旦それがピークに達して、かけ始めるならば、必需品がまだ急上昇する間、私はあなたがそのバブル崩壊も見ると思います。このこの次の「Climax枢機卿」のセンターは、2010年8月1日です。それが、ちょうど土星と天王星(冥王星からのT定規以外の)とすべてを基本的なサイン(我々が1930~31年以降見なかった何か)の第一学位に巻き込むというわけではありません。その日付の18ヵ月以内に金融市場と経済傾向に大幅によろしくのその方向を変えるために、世界を探してください。

There are so many things to discuss about this period that it will take a book to cover it all. In fact, that is the subject of the “Forecast for 2008” book. A special section will be written on Pluto in Capricorn: “The Good, Bad, Worse, and then Redemption.” Pluto will be in Capricorn 2008-2023. In the past 200+ years, equity markets have made all-time highs as Pluto entered cardinal signs (like Capricorn). But then they suffered huge losses while still in that sign, to their 72 and/or 90 year cycle troughs. Most of the time these indices have lost 80-90% of their value from the highs that preceded it.
それのすべてをカバーするために本はかかるこの期間について議論するそれほど多くのものが、あります。実際、それは「2008年度の予想」本の主語です。特別なセクションは、山羊座冥王星に書かれます:「良くて、悪くて、より悪くて、当時の償還。」、プルートーが2008~2023で山羊座にいます。過去 200+年で、冥王星が基本的なサイン山羊座のような)に入ったので、株式市場は最高記録を作りました。だが、彼らの72や90年のサイクル谷に、そのサインにおいて静かな間、彼らは巨大な損失を被りました。ほとんど、これらのインデックスは、それに先行した高さから、彼らの価値の80-90%を失いました。

You can see the pattern starting to set up now. The FED is lowering interest rates to protect the economy from recession. This is inflationary in almost all respects except… the housing market and wages of the middle class. The result could be a huge credit crunch. You have prices rising sharply in commodities and basic needs like food. So either interest rates rise to fight this, or liquidity dries up due to tightening of lending practices and higher taxes (local, state and federal governments need your money to get by). Small businesses fold up because they can’t afford rising taxes to businesses.
あなたは、パターンが現在上へ固まり始めているのを見ることができます。FEDは、経済を不況から保護するために、金利を下げています。これは、ほとんど点が除外するすべてでインフレです…住宅市場と中流階級の報償。結果は、巨大な信用危機でありえました。あなたは必需品で急騰している価格を持っています、そして、基本的なニーズは食物に合います。それで、どちらの金利でもこれと戦うために上がります、あるいは、流動性は実行とより高い税(地方で、州で、連邦政府は、通るあなたの金を必要とします)を貸すこわばりにより乾燥します。彼らが企業に上る税を与えることができないので、中小企業は折りたためます。

So where do you get money to pay for the rapidly rising costs of these goods? Not from the equity in your home anymore, because it’s going down in value. And as more and more people desperately try to sell their homes to get cash, the price goes down even further, even in the midst of an inflationary movement everywhere else. Yes, equities go up too – for awhile. That is, until people have to sell whatever assets they can to get cash to pay for these goods – and at a time when baby boomers are just starting their retirement, and starting to withdraw monies from their IRA’s and other retirement accounts. These are the same accounts that they had been heavily putting money into via mutual funds and stocks for the past 25 years. Now they will have to reverse that behavior, and take it out.
それで、どこで、あなたはこれらの商品の速く上るコストの代金を払う金を得ますか?もうあなたの家の資産からでなく、それが価値に記録されているから。そして、ますます多くの人々が必死に現金を得るために彼らの家を売ろうとして、至る所で他のインフレ運動の最中にさえ、価格さえより遠くに下がります。はい、普通株はまた上がります – しばらく。つまり、人々がどんな資産でも売らなければならないまで、彼らは現金にこれらの商品の代金を払わせるためにそうすることができます – そして、ベビーブーム世代がちょうど彼らの引退を始めているとき、そして、金額を彼らのIRAのものと他の引退から回収し始めることは説明します。これらは、彼らが過去25年の間ミューチュアルファンドと株を通して重く金をつぎこんでいた同じ口座です。現在、彼らはそのふるまいを逆にしなければならなくて、それを取り出します。

Sure, the economic reports show inflation is under control, and gives the FED reason to keep rates low for now. But that’s misleading. Basic needs like food and raw goods are rising sharply, while home values are falling and hourly wages are stagnating or jobs are disappearing altogether to overseas as companies seek to increaser their profits by “outsourcing.” And I haven’t even begun to get into the possibilities of Saturn now moving into Virgo for the next two years, a period typifying workers’ revolt against management and their excessive bonuses.
確かで、経済報告はインフレーションが順調で、FEDに今のところ率を低くしておく理由を与えることを示します。しかし、それはまぎらわしいです。基本的なニーズは、食物に合います、そして、価値が落している家と時給が滞っている、あるいは、会社が「アウトソーシングによって増やすものに彼らの利益を求めて仕事が外国に全く消えている、生の商品は急上昇しています。」、And Iは現在、次の2年、管理に対して労働者の反乱を象徴している期間と彼らの過度のボーナスのために乙女座へ引っ越しているサターンの可能性になりそうもありさえしませんでした。

Pluto in Capricorn: it’s going to be a whole new world. For many, it may be like living through their worst nightmare - and then redemption. All this between 2008 and 2023. The peak, and then the valley, and then recovery. History does repeat itself. But fortunately, we can learn from history too, especially history that correlates with planetary cycles.
山羊座冥王星:それは、全く新しい世界でありそうです。多くのために、それは彼らの最悪の悪夢を乗り切るようかもしれません - それから、償還。2008~2023年のこういうこと。ピーク、それから、谷、それから、回復。歴史は、繰り返します。しかし、幸いにも、我々は歴史(特に惑星サイクルと相関する歴史)からも学ぶことができます。
スポンサーサイト

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


外国為替証拠金取引ならFROM EAST証券へ 外国為替証拠金取引なら、取引手数料無料、スプレッド1銭からの「みんなのFX」へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。