(´・ω・`)レイモンド・メリマン週間コメント10/1の週【金融占星術】

銘柄リスト: USD/JPY, EUR/USD, GBP/USD, USD/CHF, USD/CAD, AUD/USD, NZD/USD, GBP/JPY, EUR/JPY ,AUD/JPY, NZD/JPY, NIKKEI225jpなど

チャートにマウスをあてると、右上に「Detach」「Options」という管理ボタンがでてくるので、ドロップ・メニューを選ぶと、多くのタイム・ユニット(10から500)、グラフの表示方法(棒グラフ、ろうそく足、線グラフ、またはp&f)およびタイム・フレームを選択できます。

こちらのSAXOのチャートには、TRYJPY, ZARJPY, USDJPY, NZDJPY, GBPJPY, EURJPY, AUDJPYを表示できます。
「Instrument」で各通貨の切り替え
「Chart Type」でローソク足、バーチャート等の切り替え
「Time Scale」で分足、時間足、日足、週足等の切り替え
「Studies」で移動平均線、ボリンジャーバンドが描画できます。

スポンサーサイト 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

--年--月--日--:--|スポンサー広告 | ランキング | コメント(-)|ページトップ↑

(´・ω・`)レイモンド・メリマン週間コメント10/1の週【金融占星術】 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

Comments for the Week Beginning October 1
10月1日に始まっている週間のコメント
Written by Raymond Merriman
レイモンドメリマンによって書かれます
Review and Preview
チェックとプレビュー
Note: Due to European lecture tour, this column may not be available until Sunday for the next two weeks.
注:ヨーロッパの講義旅行のために、このコラムは、次の2週間の日曜日まで利用できないかもしれません。

It is the bane of all Financial Astrologers. Inevitably, when the market terrain becomes very uncertain as prices fall much lower or rise much further than almost anyone expected, the Financial Astrologer is flooded with the same question: “What should we do with our money now?” Never mind the advice given two, three, or even four years earlier when these very markets offered such exceptional investment opportunities. I am of course referring to the advice given in this column as far back as 2002-2004 when currency and precious metals prices were so low against the U.S. Dollar. At that time subscribers and readers were encouraged to start balancing their portfolio with investments in currencies other than the U.S. Dollar, as well as add 5-10% exposure to precious metals, and/or other commodities. Now that the Dollar is making historic lows, the Euro currency historic highs, Gold at its highest level in 27 years, Crude Oil and grains at historic highs, the long-term advice is still the same. I see this trend continuing well into the next decade (see “longer-term thoughts”). The only difference is that the requests for financial guidance are much more numerous now and the cost of these investments is much higher now than they were when the advice was first given. It is not like financial astrologers are always right, especially in the short-term trends. But when you see a major storm coming, and you alert others of it, the human nature of the herd is to wait until it hits before taking action. But of course it is too late to capitalize on it to the extent that would have been possible when the alert was first given. However, some people do heed the advice when it given early on. They take the opportunity when it is truly a “golden opportunity,” when no one else pays attention to what is developing. It is a mark that separates successful investors and traders (risk takers) from the herd. And for that reason – and for those remarkable individuals - financial astrology is a wonderful forecasting tool that has the potential to be of great value, when used correctly. As the famous banker J.P. Morgan once stated in the 1920’s: “Millionaires don’t use astrology. Billionaires do.”
それは、すべての財政占星術師の禍の元です。必然的に、価格が非常により低く下がるか、ほとんど誰でも予想したより非常に遠くに上がって市場地形が非常に不確かになるとき、Financial Astrologerは同じ問題であふれます:「我々は、現在我々のお金をどうしなければなりませんか?」、これらのまさしく市場がそのような特別な投資機会を提供したとき、Neverは以前に2、3または4年さえ与えられるアドバイスに注意します。
じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!
通貨貴金属価格が米国のダラーに対してとても低かったのと、私はもちろん、2002~2004同じくらいはるかに後ろにこのコラムでされるアドバイスに言及しています。その時、加入者と読者は、彼らのポートフォリオと米国のダラー(5-10%の露出を貴金属に加えるのと同じくらいよい)や他の必需品以外の通貨への投資とのバランスをとり始めるのを奨励されました。ダラーが歴史的な高さで歴史的な最低、ユーロ通貨歴史的な高さ、27年間のその最高レベルのGold、Crude Oilと穀物を作っている今、長期のアドバイスはまだ同じことです。私は、この傾向がよく次の10年(「より長期の考え」を見ます)まで続いているのを見ます。唯一の違いは財政的なガイダンスの要請が現在ずっと非常に多いということです、そして、アドバイスが最初にされたとき彼らがそうであったより、これらの投資の費用は現在非常に高いです。特に短期傾向では、それは財政占星術師が常に正しくでなく、あります。しかし、あなたが大きな嵐接近とあなたがそれの他の人に警戒を促すのを見るとき、群の人間性はそれが行動を起こす前に打つまで、待つことです。しかし、もちろん、警報が最初に与えられたとき、可能だった範囲にそれを利用するにはあまりに遅いです。しかし、載って初期のものがあればそれとき、一部の人々はアドバイスに気をつけます。それが本当に「絶好の機会」であるとき、彼らは機会を利用します。そのとき、他の誰も発達していることに注意を払いません。それは、成功した投資家とトレーダー(危険受取人)を群から切り離すマークです。そして、その理由のために – そして、それらの注目に値する個人のために - 正しく使われるとき、財政的な占星術は大きな価値の可能性がある素晴らしい予測ツールです。有名な銀行家J.P.として。かつて1920年代に述べられるモーガン:「大富豪は、占星術を使いません。億万長者はします。」

Last week did indeed see many commodity and currency markets soaring to new highs, a long-term trend that could continue as long as Saturn and Pluto are in the 19-year waning phase (2001-2020). Gold indeed reached a 27-year high as the December contract closed at $750.00. Silver is once again approaching $14.00, up sharply from the 11.00 low mark of August 16. The Euro currency is nearing 1.4300 against the U.S. Dollar for the first time ever. Crude Oil was well above 83.00/barrel again during the day on Friday. Wheat made another new all-time high above $95.0/bu. On Friday, and the November Soybean contract traded in double digits last week, a new contract high. More on this in the “Longer-Term Thoughts” section.
先週は、本当に多くの必需品と為替相場が新高値(土星とプルートーが19年の弱まっている段階(2001~2020)にいる限り、続くことができた長期の傾向)まで急上昇しているのを見ました。12月の契約が750.00ドルで引けたので、本当の金は27年ぶりの高値に達しました。鋭く8月16日の 11.00の低い跡から上へ、銀は14.00ドルにもう一度接近しています。ユーロ通貨は、初めてこれまでに米国のダラーに対して1.4300に近づいています。粗いOilは、日中再び金曜日に83.00/barrelをかなり越えました。小麦は、95.0ドル/bu.より上にもう一つの新しい最高記録を作りました。金曜日に、そして、11月のSoybean契約は先週二倍の桁を下取りに出しました。そして、新しい契約が高かったです。「Longer- Term Thoughts」部のこれの上のより多く。

Most stock indices rose last week too. In the Pacific Rim, the Hang Seng of Hong Kong, the NIFTY index of India, and the All Ordinaries of Australia all soared to new all-time highs on Friday. Japan’s Nikkei made a new high for this primary cycle too, as did the Dow Jones Industrial Average and the NASDAQ Composite in the United States. However in Europe, the equity markets were noticeably weaker. Only the DAX made a new multi-week high. And none of the indices we track were even close to their all-time highs of the summer.
大部分の株指数は、先週上がりました。環太平洋地域では、香港のハンセン、インドのNIFTYインデックスとオーストラリアのAll Ordinariesは、金曜日に新しい最高記録まで全く急上昇しました。ダウジョーンズ平均工業株価とアメリカ合衆国のNASDAQ Compositeのように、日本の日経は、この主要なサイクルのためにも新高値を儲けました。しかしヨーロッパで、株式市場は顕著により弱かったです。 DAXだけは、新しいマルチ週を高くしました。そして、我々が調査するインデックスのどれも、夏の彼らの最高記録の近くにさえありませんでした。
スポンサーサイト

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


外国為替証拠金取引ならFROM EAST証券へ 外国為替証拠金取引なら、取引手数料無料、スプレッド1銭からの「みんなのFX」へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。