(´・ω・`)レイモンド・メリマン週間コメント(ヤフー翻訳しますた) 1

銘柄リスト: USD/JPY, EUR/USD, GBP/USD, USD/CHF, USD/CAD, AUD/USD, NZD/USD, GBP/JPY, EUR/JPY ,AUD/JPY, NZD/JPY, NIKKEI225jpなど

チャートにマウスをあてると、右上に「Detach」「Options」という管理ボタンがでてくるので、ドロップ・メニューを選ぶと、多くのタイム・ユニット(10から500)、グラフの表示方法(棒グラフ、ろうそく足、線グラフ、またはp&f)およびタイム・フレームを選択できます。

こちらのSAXOのチャートには、TRYJPY, ZARJPY, USDJPY, NZDJPY, GBPJPY, EURJPY, AUDJPYを表示できます。
「Instrument」で各通貨の切り替え
「Chart Type」でローソク足、バーチャート等の切り替え
「Time Scale」で分足、時間足、日足、週足等の切り替え
「Studies」で移動平均線、ボリンジャーバンドが描画できます。

スポンサーサイト 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

--年--月--日--:--|スポンサー広告 | ランキング | コメント(-)|ページトップ↑

(´・ω・`)レイモンド・メリマン週間コメント(ヤフー翻訳しますた) 1 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

Comments fort he Week Beginning September 24, 2007
週2007年9月24日に始まるコメント砦彼

Written by Raymond Merriman
レイモンドメリマンによって書かれます

Review and Preview
チェックとプレビュー

What a difference BB&P (Ben Bernanke and Paulsen) – the new “Fire Sign Theatre” of our generation - make in today’s financial markets. Just one month ago many of the world’s equity and financial markets were on the verge of spinning out of control. A financial panic was brewing. By August 17, stock markets were down double digits from their all-time or multi-year highs realized in mid-July. Precious metals, crude oil, corn and soybean prices were all making primary cycle lows. Fear swept briskly through the investment community as one sub-prime lender after another went under. And then on August 16, BB&P went into action. First they injected a ton of money into the system to help ease the credit crunch. Then our two “fire sign men of action” orchestrated the reduction of the FED discount rate. And just to make sure investors took them seriously, they lowered the FED Funds rate on Tuesday by a half percent, when most were expecting a reduction of only a quarter percent. Wham! Just like that stock markets around the world were back to the multi-year and all-time highs. Crude oil and wheat are making all-time highs. Gold is back to its highest level in 27 years. And the Dollar has fallen to a new historic low against the Euro currency.
なんと違いBB&Pだろう(ベンバーナンキとパウルゼン) – 我々の世代の新しい「火Sign劇場」 - 今日の金融市場で作ってください。ちょうど1ヵ月前、世界の資産と金融市場の多くは、制御できないほど回る寸前でした。金融恐慌は起ころうとしていました。8月17日までには、株式市場は7月中旬に理解される彼らのこれまでであるか複数年の高さから、二倍の桁の下にありました。貴金属原油コーン大豆価格のすべては、主要なサイクル最低を作っていました。1人の下位主要な貸手がまた沈んだので、恐れは活発に投資コミュニティに広まりました。それから、8月16日に、BB&Pは行動に入りました。最初に、彼らは信用危機を緩和するのを助けるために、システムに1トンのお金を吹き込みました。それから、我々の2つの「火徴候行動家」は、FED公定歩合の縮小を組織化しました。そして、ちょうど投資家がまじめに彼らを連れて行ったことを確認するために、彼らは2分の1パーセント火曜日にFED Funds率を下げました。そのとき、ほとんどは縮小をわずか4分の1パーセントに期待していました。バン!すぐに、世界中の株式市場は、マルチ年と最高記録に戻りました。原油と小麦は、最高記録を作っています。金は、27年でその最高レベルに戻ります。そして、ダラーはユーロ通貨に対して新しい歴史的な最低に落ちました。
じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

The message? Despite their talk of being concerned about inflation, it is absolutely more important to make sure the economy does not go into a recession. Their patience for such a threat is no more than one month – which is somewhat typical of strong fire sign personalities. After all, we are talking about an Aries and Sagittarius: macho-men. Men of action. They aren’t going to sit around and let market forces work things out in their own natural rhythm. Not on our watch. Not if we can do something now to stop this madness. To hell with fighting inflation or reporting money supply figures. We’ve got a guerrilla war on our hands to fight. Fire signs: strong on action, low on patience, and worry about today - not tomorrow. Let the good times roll! We’ll deal with the hangover (inflation, worthless currency problems) later.
メッセージ?インフレーションについて関係する彼らの話にもかかわらず、経済が不況の状態にならないことを確認することは、全くより重要です。そのような脅威に対する彼らの寛容さは、ほんの1ヵ月でしかありません – そしてそれは強い火徴候個性にいくぶん特有です。結局、我々は牡羊座と射手座について話しています:たくましい男性。行動家。彼らは、ぶらぶらしていて、市場実勢を彼ら自身の自然なリズムでものをもたらさせそうでありません。我々の腕時計ででなく。我々がこの狂気を止めるために現在何かすることができるならばでなく。インフレーションと戦うか、マネーサプライ数字を報告することがなんだ。我々は、戦うために、我々の手の上にゲリラ戦を持っています。火は署名します:低く忍耐と今日についての心配に関して、行動に関して強い - 明日でない。楽しい時間に過ぎ去らせてください!我々は、後で二日酔い(インフレーション、役に立たない通貨問題)に対処します。

In the United States, the Dow Jones Industrial Average soared to a high of 13,877 on Friday, up 1360 points (10.8%) from the lows of August 16. I believe this is enough to confirm the August lows as the 4-year cycle trough. If correct, the stock market will go higher- much higher – into 2008, before it falls back to the lows of August again. The NASDAQ Composite rallied to 2683 last week, up 12.4% now in the last 5 weeks. Interestingly enough, neither the NASDAQ or S&P made a new cycle high on Friday as the DJIA did, which could be suggesting a pullback is about to begin.
アメリカ合衆国では、8月16日の最低から1360ポイント(10.8%)の上で、ダウジョーンズ平均工業株価は金曜日に13,877の最高値に急騰しました。私は、これが8月の最低が4年のサイクル谷であることを確かなものにするのに十分であると思っています。正しいならば、非常により高い株式市場意志試みhigher- – 2008に、それの前に、滝は再び8月の最低に戻ります。現在この5週間の12.4%の上で、NASDAQ Compositeは、先週、2683年のために集まりました。面白いことに十分に、DJIAがそうしたので、NASDAQかS&Pは金曜日に新しいサイクルを高くしませんでした。そして、それは撤退が始まろうとしていることを示唆していることができました。

In the Far East and Pacific Rim, the stellar equity performers were in Hong Kong and India. The Hang Seng skyrocketed to a new all-time high on Friday at 25,893, up over 6500 points and 33.5% from its 4-year cycle low of just 5 weeks ago! India’s NIFTY index was right behind, soaring to its highest level ever at 4855 on Friday, up over 21% since August 21. Australia’s All Ordinaries has now risen 16.9% over the past month. Only the Nikkei index failed to appreciate double digits on this recent rally from its lows of August, but was still up a respectable 8% in the past month.
極東と環太平洋地域では、星の資産パフォーマーは、香港とインドにいました。ちょうど5週前で低いその4年のサイクルからで6500ポイント以上と 33.5%の上で、ハンセンは25,893で金曜日に新しい最高記録に急上昇しました!インドのNIFTYインデックスは、金曜日に4855でこれまでにその最高レベルまで急上昇して、8月21日から21%以上の上の右のお尻でした。オーストラリアのAll Ordinariesは、今は前月の上に16.9%上がりました。日経平均だけは8月のその最低からこの最近の集会で二倍の桁を評価することができなかったが、まだ前月に相当な8%の上にありました。

In Europe, the rallies were not quite as great – at least not in Zurich and Germany, where the Swiss stock index and DAX only appreciate a little more than 8%. In London, the FTSE reached 6512 on last Wednesday’s reversal date, for a gain of 11.8% off the August lows. And the Netherlands AEX rallied to 545.56 on Friday, for an appreciation of 14% over the lows of five weeks ago. But all of these indices were well below their highs of the year.
ヨーロッパでは、大きいように、集会はちょっとおかしかったです – 少なくともチューリッヒとドイツででなく、そこでスイスの株価指数とDAXは、少し8%以上を評価するだけです。ロンドンでは、8月の最低を離れた 11.8%の獲得のために、FT指数は先週の水曜日の反転日付に6512に及びました。そして、5週前の最低の上の14%の認識のために、オランダAEX は、金曜日に545.56のために集まりました。しかし、これらのインデックスの全ては、その年の彼らの高さの下でよかったです。

Another stellar performer last week was crude oil, which exploded for another new all-time high with its 83.90 mark on Thursday. This was a gain of 22% from the lows of August 21. In fact, crude oil is now up nearly 70% from its 4-year cycle low of 49.90 back on January 18 when Jupiter and Uranus formed their first of three square aspects this year. The third and final one will take place on October 9. The second one on May 10 also coincided with a primary cycle trough. Almost as impressive as crude oil has been the move in Silver prices, which rallied from 1128 back on August 16 to 1368 on Friday, for a gain of over 21%. Gold is up over 14.6% in the same time frame. But in the case of Gold, prices are now at their highest levels since the all-time heady high days of early 1980. The Euro currency also raced to new all-time highs last week.
もう一人の星のパフォーマーは先週原油でした。そして、それは木曜日にその83.90のマークでもう一つの新しい最高記録のために爆発しました。これは、 8月21日の最低から22%の獲得でした。実際、木星と天王星が今年3つの四角い面の彼らの最初をつくったとき、原油は現在1月18日に49.90の背中で低いその4年のサイクルからほぼ70%の上にあります。第3と最終的なものは、10月9日に起こります。5月10日の第2のものは、また、主要なサイクル谷と同時でした。ほとんど、21%以上の獲得のシルバー価格(それは金曜日に8月16日の1128の背中から1368年まで回復しました)の動きは、原油と同じくらい印象的でした。金は、同じ時間枠に14.6%以上の上にあります。しかし、Goldの場合、価格は現在1980年前半のこれまでの目がくらむ祭日から、彼らの最高レベルにあります。ユーロ通貨も、先週、新しい最高記録に競争しました。
スポンサーサイト

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


外国為替証拠金取引ならFROM EAST証券へ 外国為替証拠金取引なら、取引手数料無料、スプレッド1銭からの「みんなのFX」へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。