(´・ω・`)レイモンド・メリマン週間コメント(ヤフー翻訳しますた)1

銘柄リスト: USD/JPY, EUR/USD, GBP/USD, USD/CHF, USD/CAD, AUD/USD, NZD/USD, GBP/JPY, EUR/JPY ,AUD/JPY, NZD/JPY, NIKKEI225jpなど

チャートにマウスをあてると、右上に「Detach」「Options」という管理ボタンがでてくるので、ドロップ・メニューを選ぶと、多くのタイム・ユニット(10から500)、グラフの表示方法(棒グラフ、ろうそく足、線グラフ、またはp&f)およびタイム・フレームを選択できます。

こちらのSAXOのチャートには、TRYJPY, ZARJPY, USDJPY, NZDJPY, GBPJPY, EURJPY, AUDJPYを表示できます。
「Instrument」で各通貨の切り替え
「Chart Type」でローソク足、バーチャート等の切り替え
「Time Scale」で分足、時間足、日足、週足等の切り替え
「Studies」で移動平均線、ボリンジャーバンドが描画できます。

スポンサーサイト 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

--年--月--日--:--|スポンサー広告 | ランキング | コメント(-)|ページトップ↑

(´・ω・`)レイモンド・メリマン週間コメント(ヤフー翻訳しますた)1 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

Comments for Week Beginning September 17
9月17日に始まっている週間のコメント
Written by Raymond Merriman
レイモンドメリマンによって書かれます
Review and Preview
チェックとプレビュー

The sell-off in world equity markets that started with the prior Friday’s surprisingly weak U.S. jobs report, finally reached its bottom nearby to last Tuesday’s solar eclipse. Once that trading cycle trough was completed, most of these indices rallied somewhat sharply to close the week with healthy gains.
先の金曜日の驚くほど弱い米国の仕事報告から始めた世界株式市場の売却は、ついに先週の火曜日の日食に近くでその尻に達しました。一旦その取引サイクル谷が完了されるならば、大部分のこれらのインデックスは好ましい増加で週を閉じるためにいくぶん鋭く回復しました。
じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

In the United States, the Dow Jones Industrial Average fell to a low of 13,021 late Monday, before recovering smartly to a weekly high on Thursday at 13,469. It closed the week near those highs too, at 13,442, for a weekly gain of 329 points. The NASDAQ Composite followed a similar pattern, with a low last Monday at 2536, but then closing at 2602, slightly off its high for the week at 2612. In neither case, however, did prices exceed the highs of the prior week on September 4, which means the longer-term cycles have yet to confirm their lows as of August 16-17. So for the moment, these markets are in congestion between the lows of August and highs of September 4. Whichever gives first will tells us the probable trend for the next several months. That is, if these indices can close above the highs associated with our three-star critical reversal zone of September 6 +/- 3 trading days, it strongly supports the idea that the 4-year cycle has bottomed in August. But if those lows give way first, then it supports the idea that this 4-year cycle is still unfolding, for its time band is still in effect (2005-2007 in USA, and 2006-2008 in Europe and Asia).
アメリカ合衆国では、13,469で木曜日に毎週の高さにすばやく回復する前に、ダウジョーンズ平均工業株価は月曜日遅くに13,021の最低に落ちました。329ポイントの毎週の獲得のために、13,442で、それはそれらの高さの近くでも週を閉じました。低い先週の月曜日が2536にあって、 NASDAQ Compositeは類似したパターンに続きました、だが、わずかに2612の週間のその高さから、2602で引けました。どちらのケースででなくも、しかし、価格が9月4日の先の週の高さを上回ったこと、より長期のサイクルがまだ8月16~17日現在、彼らの最低を確かめていないことを意味します。とても当面は、これらの市場は、8月の最低と9月4日の高さの間に混雑です。最初の意志を与えるものはどれでも、次の数ヵ月の間我々に見込みがある傾向を話します。つまり、これらのインデックスが上で閉まることができるならば、高さが+/-を9月6日の我々の3つ星重要な反転地帯と結びつけて、取引3日、それは強く、4年のサイクルが8月に底に達したという意見を支持します。しかし、それらのローが最初に壊れるならば、バンドが実質的に静かな(USAと 2006-ヨーロッパとアジアの2008年の2005-2007)その時のために、それはこの4年の物語がまだ進展しているという意見を支持します。

In Europe, the week’s activity was similar. The Netherlands AEX closed up 10.93 at 528.36 after a Monday trough at 512.42. The German DAX, England FTSE, and Swiss stock index all made weekly lows on Monday, then rallied into Thursday. Each closed up for the week. However, in the case of each of the later three indices, they all closed down on Friday, well off those weekly highs, creating some concern that maybe these markets are not as strong as the U.S. markets.
ヨーロッパでは、週の活動は類似していました。オランダAEXは、512.42で月曜日の谷の後で528.36で10.93を閉じました。ドイツの DAX、イングランドFT指数とスイスの株価指数は、すべて月曜日に毎週の最低を作って、そして木曜日に持ち直しました。各々は、週の間閉じりました。しかし、後の3指数の各々の場合、彼ら全員は金曜日に閉鎖しました。そして、それらの毎週の高さからよかったです。そして、多分、これらの市場が米国市場ほど強くないだろうという若干の懸念をつくりました。

In Asia and the Pacific Rim, Hong Kong’s Hang Seng index was the stellar performer again, soaring to another new all-time high on Friday at 24,978, and up 915 points on the week. But none of the other indices we track followed suit. India’s NIFTY Index was up only 8 points for the week, closing at 4518, considerably off its high on Friday at 4582. Both the Nikkei of Japan and All Ordinaries of Australia closed near their weekly highs, but were only up 5 and 19 points for the entire week. These later two markets had fallen somewhat sharply into their trading cycle troughs on Monday-Tuesday, especially in the case of Japan where Prime Minister Abe resigned, thus causing some uncertainty in the leadership of that country’s political future. All in all, it was a modesty favorable week for most world indices, but more so in China and the United States.
アジアと環太平洋地域では、香港のハンセン指数は再び星のパフォーマーでした。そして、週に915ポイント、24,978の、そして、上へ金曜日にもう一つの新しい最高記録まで急上昇しました。しかし、我々が調査する他のインデックスのどれも、先例に従いませんでした。インドのNIFTY Indexは、金曜日にかなり4582でその高さから、4518で引けて、週の間、わずか8ポイントの上にありました。日本の日経とオーストラリアの All Ordinariesは、彼らの毎週の高さの近くで閉まったが、全ての週の間5と19ポイントだけの上にありました。特にエイブ首相が辞任した日本の場合、これらの後の2つの市場はMonday-Tuesdayの上でいくぶん鋭く彼らの取引サイクル谷に落ちました。このように、その国の政治的な将来のリーダーシップで若干の不確実性を引き起こしました。全般的に見て、大部分の世界インデックスのための、より多く以外の、それで、中国とアメリカ合衆国の 1謙虚さ好ましい週でした。

A bigger story though took place in the currency markets, where the Euro soared to a new all-time high against the U.S. Dollar. Along with that Gold also had an impressive week, reaching 726 in the December contract on Friday, just slightly off its 26-year high in the 740 region attained last May 2006. Crude Oil also soared to a new-time high, finally cracking the 80.00 mark for the first time ever. However, it couldn’t hold it as it closed the week at 79.10, still a record high for a weekly close. And Wheat also soared to its highest level ever, with the December contract exceeding the $9.00/bushel level at one point last Wednesday. It settled the week at 846. All of this happened in the week that the solar eclipse occurred in an opposition aspect to Uranus in Pisces. Uranus the planet rules breakouts, and Pisces the sign rules crude oil in the study of Financial Astrology. But the financial astrology correlate to the sharp rally in currencies and Gold lies with the 11-day transit of heliocentric Mercury in Sagittarius, September 11-22.
ユーロものは米国のダラーに対して新しい最高記録まで急上昇した為替相場で起こったけれども、より大きい物語。それとともに、Goldもこの2006年5 月に到達される740の地域に、その26年ぶりの高値から引いてちょうど、金曜日に12月の契約において726に達して、印象的な週をわずかに持ちました。粗いOilも新しい時間高さまで急上昇しました。そして、これまでに初めて最終的に80.00のマークを割りました。しかし、それが79.10(まだ毎週の終わりの間の最高記録)で週を閉じたので、それはそれを持つことができませんでした。そして、この前の水曜日にあるところで9.00ドル/ブッシェルレベルを上回っている12月の契約で、ホイートもこれまでにその最高レベルまで急上昇しました。それは、846で週を処理しました。これの全ては、日食が魚座の天王星に反対面で生じた週で起こりました。天王星は、惑星規則脱走です、そして、徴候規則原油がFinancial Astrologyの研究において注油する魚座。しかし、9月11~22日に、通貨とGoldでの鋭い集会への財政的な占星術相関物が、射手座の太陽中心の水星の11日の輸送とともにあります。
スポンサーサイト

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


外国為替証拠金取引ならFROM EAST証券へ 外国為替証拠金取引なら、取引手数料無料、スプレッド1銭からの「みんなのFX」へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。