(´・ω・`)波乱含み、引き続き海外要因と為替に振れやすい=来週の東京株式市場

銘柄リスト: USD/JPY, EUR/USD, GBP/USD, USD/CHF, USD/CAD, AUD/USD, NZD/USD, GBP/JPY, EUR/JPY ,AUD/JPY, NZD/JPY, NIKKEI225jpなど

チャートにマウスをあてると、右上に「Detach」「Options」という管理ボタンがでてくるので、ドロップ・メニューを選ぶと、多くのタイム・ユニット(10から500)、グラフの表示方法(棒グラフ、ろうそく足、線グラフ、またはp&f)およびタイム・フレームを選択できます。

こちらのSAXOのチャートには、TRYJPY, ZARJPY, USDJPY, NZDJPY, GBPJPY, EURJPY, AUDJPYを表示できます。
「Instrument」で各通貨の切り替え
「Chart Type」でローソク足、バーチャート等の切り替え
「Time Scale」で分足、時間足、日足、週足等の切り替え
「Studies」で移動平均線、ボリンジャーバンドが描画できます。

スポンサーサイト 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

--年--月--日--:--|スポンサー広告 | ランキング | コメント(-)|ページトップ↑

(´・ω・`)波乱含み、引き続き海外要因と為替に振れやすい=来週の東京株式市場 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

来週の東京株式市場は、ひきつづき波乱含みとなりそうだ。22日は米国の感謝祭、23日は日本で勤労感謝の日と休日が続き、少ない営業日の中で、米株や為替の動向、またサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題で損失拡大のニュースなどが出れば、それらに振られやすい地合いが続くとみられている。

 半面、国内決算のピークが過ぎ、「来週発表の国内外の経済指標は、大きく事前の予想から振れない限り、市場の材料にはならない。サブプライムローン絡みの損失報道が一巡したとの認識が広がれば、売られすぎから押し目買いが入り、来週初めにも反発する可能性はある」(大和住銀投信投資顧問 株式運用部チーフストラテジスト 門司総一郎氏)との見方もある。
じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!
来週の日経平均株価の予想レンジは、1万4800円─1万5500円。


 <サブプライムソーン関連報道に警戒感>

 「国内の決算はピークを越えたので、来週はサブプライムローン問題のニュースや為替動向に左右される展開となるだろう。国内株はテクニカルでみると十分に割安感があるが、海外投資家など買い手が戻ってくるか、いつ押し目買いが入るかはわからない」(国内証券投資調査部)という。


 来週は米国で19日に11月住宅建設業者指数、20日に10月住宅着工件数、21日に新規失業保険申請件数などが発表される。市場関係者からは「このところ下振れが続いている住宅着工件数で10月の数字が再び弱ければ、信用不安の高まりに歯止めがかからず、相場もアク抜けしない」(国内証券)との声が出ている。

 国内では21日に10月貿易統計(財務省)と9月全産業活動指数(経産省)、22日に10月スーパーマーケット売上高の発表がある。

 ロイターがまとめた民間調査機関の予測では、貿易黒字(原数値)が予測中央値で前年比71.5%増加の1兆0522億円で3カ月連続の黒字増加予想となっている。輸出が堅調との見方だが、「米国向けの輸出はひとつの注目点だろうが、大きく予想を振れない限り市場の材料にはならない」(大和証券投資信託投資調査部 シニア・ストラテジスト 長野吉納氏)とみられている。

 <1万5000円での攻防、反発の可能性も>

 日経平均はすでに8月17日の安値1万5262円10銭を割り込んでいるため、チャートの形状からは大勢二段下げも視野に入っており、下値への警戒感は高まりやすい。ただ、下値は固く、1万5000円割れに強い抵抗を示している。反発のエネルギーを蓄えている状況と読むことができる。「テクニカル的な割安感を意識した国内投資家の押し目買い姿勢が、どの程度みられるかがポイントとなってくるだろう」(国内投信)との声が出ている
スポンサーサイト

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


外国為替証拠金取引ならFROM EAST証券へ 外国為替証拠金取引なら、取引手数料無料、スプレッド1銭からの「みんなのFX」へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。