(´・ω・`)金融市場の混乱が予想以上になれば世界経済にも影響=日銀

銘柄リスト: USD/JPY, EUR/USD, GBP/USD, USD/CHF, USD/CAD, AUD/USD, NZD/USD, GBP/JPY, EUR/JPY ,AUD/JPY, NZD/JPY, NIKKEI225jpなど

チャートにマウスをあてると、右上に「Detach」「Options」という管理ボタンがでてくるので、ドロップ・メニューを選ぶと、多くのタイム・ユニット(10から500)、グラフの表示方法(棒グラフ、ろうそく足、線グラフ、またはp&f)およびタイム・フレームを選択できます。

こちらのSAXOのチャートには、TRYJPY, ZARJPY, USDJPY, NZDJPY, GBPJPY, EURJPY, AUDJPYを表示できます。
「Instrument」で各通貨の切り替え
「Chart Type」でローソク足、バーチャート等の切り替え
「Time Scale」で分足、時間足、日足、週足等の切り替え
「Studies」で移動平均線、ボリンジャーバンドが描画できます。

スポンサーサイト 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

--年--月--日--:--|スポンサー広告 | ランキング | コメント(-)|ページトップ↑

(´・ω・`)金融市場の混乱が予想以上になれば世界経済にも影響=日銀 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

r.jpg福井俊彦日銀総裁は13日、政策金利の据え置きを決めた金融政策決定会合後の記者会見で、米国の住宅調整が一段と厳しさを増しており、米欧金融機関の貸出態度も慎重化しているとの認識を示した。

 その上で、金融市場の混乱が予想以上となったり、米住宅調整が一段と悪化すれば、資産価格の下落や信用収縮、マインドの悪化を通じて米国経済が一段と厳しくなり、世界経済、ひいては日本経済にも影響するとの見方を繰り返し述べた。

じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!
 <8対1で政策金利据え置き>

 日銀はこの日、無担保コール翌日物金利の誘導水準を現行の年0.5%程度に据え置くことを決めた。賛成8、反対1の賛成多数で、反対は水野温氏委員だった。

 日本経済は緩やかな拡大を続けているとの見方では一致したが、米サブプライムローン(信用度が低い借手向け住宅ローン)問題が内外経済に与える影響を引き続き見極める必要があると判断した。

 福井総裁は会見で「国際金融資本市場ではなお不安定な状況が続いており、リスク再評価の過程が続いている。米国経済の先行きに関する下振れリスクが引き続き存在することもあり、世界経済について不確実性が引き続き存在する」と語った。

 <米経済の軟着陸シナリオ維持>

 福井総裁は米経済について「少なくとも住宅投資はさらに減少を続けていくことは間違いない。とくに住宅ローンを含め、米国金融機関の与信基準がタイト化する中で、住宅投資の減少幅はむしろ拡大する感じが出ている」と指摘。その上で「これを含めて、米国経済全体の成長率は7─9月期に比べると、10─12月以降はかなり減速していくと多くの方がみていると思う」と語った。ただ「私どもも展望リポートの中ではそれはしっかり前提として織り込んでいる。米国の成長率がある程度下がっていっても、それは新しいファクターだとは捉えない。われわれのシナリオの中にすでに入っている」とも付け加えた。

 <今の長期金利は経過的な位置づけ>

 福井総裁は、動きは激しい市場の動きについても言及。為替相場について「為替市場もある種の調整の波が及んでいて、為替相場はいま振幅の大きい状況になっている。したがって、為替相場だけを取り上げて、先行きどこまで行くかを明確に述べることは難しい」と指摘。輸出競争力や交易条件、中小企業を中心とした原材料高の影響などを総合的に見て分析することが必要との認識を示した。

 長期金利が低下していることについては「いまグローバルな金融資本市場でリスクの再評価の過程、いったんリスクテイクの姿勢が後退して、フライト・トゥ・クオリティというか、リスクの少ない資産に流動性がいま向かっていることの一つの表れであり、少なくともいまの長期金利の位置づけは、一つのトランジットと言うか、経過的な位置付けを持ったものだとみている」と語った。
スポンサーサイト

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


外国為替証拠金取引ならFROM EAST証券へ 外国為替証拠金取引なら、取引手数料無料、スプレッド1銭からの「みんなのFX」へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。