(´・ω・`)波乱含み、サブプライム関連の悪材料こなす局面=来週の東京株式市場

銘柄リスト: USD/JPY, EUR/USD, GBP/USD, USD/CHF, USD/CAD, AUD/USD, NZD/USD, GBP/JPY, EUR/JPY ,AUD/JPY, NZD/JPY, NIKKEI225jpなど

チャートにマウスをあてると、右上に「Detach」「Options」という管理ボタンがでてくるので、ドロップ・メニューを選ぶと、多くのタイム・ユニット(10から500)、グラフの表示方法(棒グラフ、ろうそく足、線グラフ、またはp&f)およびタイム・フレームを選択できます。

こちらのSAXOのチャートには、TRYJPY, ZARJPY, USDJPY, NZDJPY, GBPJPY, EURJPY, AUDJPYを表示できます。
「Instrument」で各通貨の切り替え
「Chart Type」でローソク足、バーチャート等の切り替え
「Time Scale」で分足、時間足、日足、週足等の切り替え
「Studies」で移動平均線、ボリンジャーバンドが描画できます。

スポンサーサイト 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

--年--月--日--:--|スポンサー広告 | ランキング | コメント(-)|ページトップ↑

(´・ω・`)波乱含み、サブプライム関連の悪材料こなす局面=来週の東京株式市場 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

来週の東京株式市場は、波乱含みとなりそうだ。サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題に対する市場の警戒感は根強く、悪材料に反応しやすい地合いが続くと予想される。米国の経済指標が弱い内容であれば、株価は一段の下振れもあり得る。しかし、直近の大幅安でテクニカル的には下げ過ぎとの見方も多い。特段の悪材料がなければ1万6000円近辺までの自律反発が見込める。

 今週の日経平均株価の予想レンジは、1万5300円─1万6000円。

 <国内より外部要因に左右されやすい環境>
じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

 日経平均は11月1日の直近高値から9日までの6営業日で、約1300円の大幅下落を記録した。サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)関連で巨額損失を計上する企業が相次ぐなどネガティブな話題が相次ぎ、投資家の不安心理が高まった。為替が円高方向に振れたことで企業業績への懸念も出ている。

 11月第2週(11月12日―16日)も悪材料に反応しやすい地合いが続きそうだ。「決算発表が一巡し、国内より外部要因に左右されやすい環境になる。サブプライム問題で何が出るか分からない不安感が残り上値は重い」(新光証券マーケットアナリストの高橋幸男氏)という。海外で新たな損失拡大などのニュースが出れば、市場は敏感に反応しそうだ。米国では14日に10月小売売上高、15日に10月消費者物価などの経済指標が発表される。米国の景況感が下振れた場合も株価にはネガティブ材料になりそうだ。

 国内では13日に7─9月期GDP速報値が発表される。ロイターが民間調査機関の予測をまとめたところ、予測中央値は前期比プラス0.4%、年率プラス1.7%となった。1%台後半とみられる潜在成長率並みとなる見通しで、予想を大きく外れなければ、市場の反応は限定的とみられている。12日、13日の日銀政策決定会合も市場は現状の金融政策維持を織り込み済みであり、材料視されていない。

<テクニカル指標は売られ過ぎを示唆>

 日本株は引き続き不安定な動きが予想されるが、「短期テクニカル指標は売られ過ぎを示唆している」(日興コーディアル証券エクイティ部部長の西広市氏)との見方も出ている。日経平均の25日移動平均線とのかい離は6%を超えている。騰落レシオ、ストキャスティクスなどの指標も極端な悲観に振れている。「日経平均は6日続落しただけに自律反発があってもおかしくない」という。

 9月中間決算は総じて好調だったが、株価の反応は鈍かった。「ファンドマネージャーは決算が一巡した後で個別銘柄を吟味する傾向がある。好業績銘柄が買われるのはこれからだ」(外資系証券)との指摘もあり、サブプライム関連の悪材料が一服するようであれば、株価もリバウンドに向かう可能性が高い。

 サブプライム問題は不透明感による信用収縮から現実悪を織り込む段階に入っている。「不透明感は一番底、現実悪は二番底が相場のセオリーであり、ここからは過度に悲観的なる必要はない」(銀行系証券情報部長)との声もある。市場は悪材料をこなしつつ、徐々に下値を固める展開となりそうだ。
スポンサーサイト

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

(´・ω・`)さんヒロセ使ってるでしょ
手数料無料と思てたら取られるよw
メリットはどこにありまつか?
おすえてv-22
[ 2007/11/11 18:03 ] [ 編集 ]
(`・ω・´)ノしゃん

(´・ω・`)乙!
(´・ω・`)おいら今はヒロセトレーダーの方だお
(´・ω・`)メリットは感じられないww
[ 2007/11/11 18:11 ] [ 編集 ]
ゑw
地球温暖化!w
[ 2007/11/12 03:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


外国為替証拠金取引ならFROM EAST証券へ 外国為替証拠金取引なら、取引手数料無料、スプレッド1銭からの「みんなのFX」へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。