(´・ω・`)エタノール・ブームの理想と現実

銘柄リスト: USD/JPY, EUR/USD, GBP/USD, USD/CHF, USD/CAD, AUD/USD, NZD/USD, GBP/JPY, EUR/JPY ,AUD/JPY, NZD/JPY, NIKKEI225jpなど

チャートにマウスをあてると、右上に「Detach」「Options」という管理ボタンがでてくるので、ドロップ・メニューを選ぶと、多くのタイム・ユニット(10から500)、グラフの表示方法(棒グラフ、ろうそく足、線グラフ、またはp&f)およびタイム・フレームを選択できます。

こちらのSAXOのチャートには、TRYJPY, ZARJPY, USDJPY, NZDJPY, GBPJPY, EURJPY, AUDJPYを表示できます。
「Instrument」で各通貨の切り替え
「Chart Type」でローソク足、バーチャート等の切り替え
「Time Scale」で分足、時間足、日足、週足等の切り替え
「Studies」で移動平均線、ボリンジャーバンドが描画できます。

スポンサーサイト 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

--年--月--日--:--|スポンサー広告 | ランキング | コメント(-)|ページトップ↑

(´・ω・`)エタノール・ブームの理想と現実 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

 2007年はまさに、エタノール・ブームの嵐が吹き荒れた一年だった。代替燃料の利用促進を訴えたブッシュ米大統領の一般教書演説やバイオ燃料の普及を議論した米-ブラジル首脳会談がメディアの注目を集め、生産国では投資が過熱。しかし実際の需給バランスを無視した過剰な生産は価格下落と収益悪化を招き、ブームは一旦沈静化の様相を見せている。

供給過剰に苦しむ米国

 エタノールは間違いなく、2007年を象徴するキーワードの一つだろう。代替燃料の利用促進を訴えたブッシュ米大統領の一般教書演説やバイオ燃料の普及を議論した米-ブラジル首脳会談がメディアの注目を集めたほか、農産物価格高騰の主犯としてやり玉にもあげられた。二大生産国である米国とブラジルでは世界的な需要拡大に対する期待から投資が過熱し、米コーンベルトやブラジル・サンパウロ州はエタノール精製所の建設ラッシュに沸いた。しかしエタノールの普及事業は一朝一夕で進むものではない。空前のブームの後に待っていたのは、供給過剰に伴う価格下落、地価上昇、そして収益悪化という現実だった。
じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!
 米国では原料のコーン価格が高水準を維持する中、エタノール価格が急落。国内メディアも「エタノール・ブームはガス欠」(ウォール・ストリート・ジャーナル紙)などと事態を重く報じたほか、VeraSun Energy Corpなどエタノール関連株の大幅下落も注目を集めた。今月5日には、格付け会社ムーディーズがエタノール産業に関する悲観的な見通しを発表し、「価格の低迷は2009年まで続く可能性が高く、収益見通しの悪化により多くの企業が投資計画を見合わせることになるだろう」(同)と予測。何しろ、需要が供給に全く追いつかない状況にも関わらず、全国で計72ヵ所ものエタノール精製所が建設中(既存の施設は計131ヵ所)という現状だ。これでは新規参入の余地も相当限られてしまう。
 関係者の間では「政府の支援に依存し、需給バランスを無視して無計画な投資に走った結果」(市場関係筋)という指摘が多く聞かれる。エネルギー自給率の向上を目指す政府は補助金支給や輸入関税の設定によって生産者を積極的に支援はするが、肝心な普及事業は遅々として進まない。ガソリン需要の減少を恐れる石油企業もその政治的影響力を行使し、ガソリンスタンドでエタノールの販売広告を外し給油機を不便な場所に設置するなど、エタノールの普及を露骨に妨害している。さらに専用パイプラインが未開発のため、ガソリンへの混入が行われる油槽所まではトラックなど非効率的な手段で輸送しなければならない。需要拡大やインフラ整備などの重要課題が未解決のまま、生産だけが一人歩きしてしまった結果と言える。

ブラジルでも悲観論が台頭

 一方のブラジルも苦境に立たされている。最大の仕向け先である米国の生産が急増した上、自国通貨の上昇も追い討ちをかけて輸出が減少。期待された日本との輸出契約も依然まとまっておらず、他国でも「将来的なブラジル産への依存を避けるため、国内の生産能力を拡大する動きが水面下で加速している」(市場関係筋)。米国やEUが課す輸入関税も足かせとなり、2008年の輸出量はピークを迎えた2006年の約半分にとどまる見込みだ。ブラジルの砂糖きび生産者団体で、エタノール普及を目指し世界的なロビー活動を展開しているUNICAも、エタノール・ブームを「一時的な陶酔状態」と表現。国際取引拡大への道のりが長く険しいことを認めた。輸出低迷と生産過剰により国内価格は前年同期を2割も下回る水準に落ち込んでおり、「生産者の間では、『フレックス車の普及による国内需要の拡大だけが頼り』との悲観論も広がっている」(同)ようだ。輸入関税の撤廃や製品規格の統一、専用パイプラインの建設など乗り越えるべき障害は多く、ブラジルが「エタノール市場の国際化」を実現するためにはまだしばらく時間がかかるだろう。
スポンサーサイト

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


外国為替証拠金取引ならFROM EAST証券へ 外国為替証拠金取引なら、取引手数料無料、スプレッド1銭からの「みんなのFX」へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。