(´・ω・`)「為替」 ドル・円年初来安値110.50円、下げ止まらない株価動向にキャリー手仕舞い/ニューヨーク外国為替市場概況

銘柄リスト: USD/JPY, EUR/USD, GBP/USD, USD/CHF, USD/CAD, AUD/USD, NZD/USD, GBP/JPY, EUR/JPY ,AUD/JPY, NZD/JPY, NIKKEI225jpなど

チャートにマウスをあてると、右上に「Detach」「Options」という管理ボタンがでてくるので、ドロップ・メニューを選ぶと、多くのタイム・ユニット(10から500)、グラフの表示方法(棒グラフ、ろうそく足、線グラフ、またはp&f)およびタイム・フレームを選択できます。

こちらのSAXOのチャートには、TRYJPY, ZARJPY, USDJPY, NZDJPY, GBPJPY, EURJPY, AUDJPYを表示できます。
「Instrument」で各通貨の切り替え
「Chart Type」でローソク足、バーチャート等の切り替え
「Time Scale」で分足、時間足、日足、週足等の切り替え
「Studies」で移動平均線、ボリンジャーバンドが描画できます。

スポンサーサイト 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

--年--月--日--:--|スポンサー広告 | ランキング | コメント(-)|ページトップ↑

(´・ω・`)「為替」 ドル・円年初来安値110.50円、下げ止まらない株価動向にキャリー手仕舞い/ニューヨーク外国為替市場概況 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

【FF先物米金利変更織り込み率】
年内の利下げ確率:4.25%まで100%で変わらず
来年3月の利下げ確率:4.25%まで100%で変わらず、4.00%まで100%で変わらず

【原油市場】
 原油相場は反発。暴風雨の影響で停止していた北海油田の産油活動が再開したとのニュースに売り先行スタートとなったが、来週にも原油価格が100ドルの大台を突破するとの見方やドル安を背景に代替投資先としての需要が強まることで上昇に転じた。来週13日(火)は12月限の先物取引の最終取引日となっており、市場では取引限月の変更に伴う動意により100ドルまで買い進められるとみる向きもある。NY原油先物価格は94.90ドルまで下落後に反発し、96.32ドル(前日比+0.86ドル、+0.9%、年初来+57.7%)で取引を終えた。なお、今週の原油価格の騰落率は+0.4%となった。
じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

【株式市場概況】
米株式相場は下落。サブプライム関連で金融各社に追加損失の発表が相次いでいるほか、ハイテク大手が業績見通しに警戒感を示したことで終日下落。セクター別では、保険や銀行が上昇した一方、自動車・同部品やテクノロジー・ハード機器が軟調。通信用半導体のクアルコム(QCOM)は慎重な業績見通しを示したことで4.2%安。
また携帯電話会社のリープワイヤレス(LEAP)は04年以降の決算書訂正を発表して急落となった。ナスダック証券取引所(NDAQ)は投資ファンドが保有2550万株を売却したことが明らかとなり9.2%安。一方でオンライン旅行サイトのプライスライン・ドット・コム(PCLN)は好決算を発表して23%の急騰となった。ダウ構成銘柄では、メルク(MRK)が鎮痛剤「バイオックス」のリコール問題に関する訴訟で和解に達したことが好感されて上昇。結局ダウは223.55ドル安の13042.74、ナスダックは68.06ポイント安の2627.94で取引を終了した。金融各社は追加損失の発表が相次ぐ一方で株価は下げ止まっており、ある程度の損失については徐々に織り込まれつつある。

【通貨オプション】 
 オプション市場でのドル・円変動率は、11/15 の米国会計基準変更に向けた米金融機関の大幅な引当金の積み増し(評価替え)拡大リスク懸念に急伸した。1ヶ月物変動率は、12.00%から14.400%(最近の高値8/17=23%、99年来の高水準)、3ヶ月物は10.675%から12.025%(8/17=15.25%、2000年来の高水準)、6ヶ月物は9.575%から10.675%(8/17=15.25%、2000年来の高水準)、1年物は9.25%から9.85%(8/17=13.80%、2000年来の高水準)へそれぞれ上昇した。
リスクリバーサルでは、ドル・円が最高値更新する動きを受けて下値警戒感の上昇に円コール買いが加速し、25デルタ円コール1ヶ月物は+3.100%から+4.700%(8/17=+6.5、2003年10月)、3ヶ月物は+3.65%から4.800%、6ヶ月物は+3.825%から4.875%、1年物は4.125%から5.225%へそれぞれ拡大した。
スポンサーサイト

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


外国為替証拠金取引ならFROM EAST証券へ 外国為替証拠金取引なら、取引手数料無料、スプレッド1銭からの「みんなのFX」へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。