(´・ω・`)一目均衡表の見方使い方②

銘柄リスト: USD/JPY, EUR/USD, GBP/USD, USD/CHF, USD/CAD, AUD/USD, NZD/USD, GBP/JPY, EUR/JPY ,AUD/JPY, NZD/JPY, NIKKEI225jpなど

チャートにマウスをあてると、右上に「Detach」「Options」という管理ボタンがでてくるので、ドロップ・メニューを選ぶと、多くのタイム・ユニット(10から500)、グラフの表示方法(棒グラフ、ろうそく足、線グラフ、またはp&f)およびタイム・フレームを選択できます。

こちらのSAXOのチャートには、TRYJPY, ZARJPY, USDJPY, NZDJPY, GBPJPY, EURJPY, AUDJPYを表示できます。
「Instrument」で各通貨の切り替え
「Chart Type」でローソク足、バーチャート等の切り替え
「Time Scale」で分足、時間足、日足、週足等の切り替え
「Studies」で移動平均線、ボリンジャーバンドが描画できます。

スポンサーサイト 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

--年--月--日--:--|スポンサー広告 | ランキング | コメント(-)|ページトップ↑

(´・ω・`)一目均衡表の見方使い方② 

自己管理能力・最新鋭のテクノロジー・経験+サザインベストメント
ドル円はさらに下落となるのか!?テクニカル分析による計算式でずばっと注目ポイントを解説!→9位をチェック!

続きはこちらから♪NINKIBLOGRANKING♪

何故、一目均衡表を使うか 多くの人が一目均衡表を見ながらトレードしていると思うからです(そういう値動きをしている)。

一目にHLバンドを重ねて相場の転換やトレンドを見る方法がありますが、HLバンドは10日HLバンドを使用しますが、10日HLバンドの中心線は一目の転換線と殆ど同じ動きを示します。一目にはHLバンドの機能も入っていて、基準線と換線の方向が相場の方向を示しています。一目とHLバンドの違いは一目にはHとLの線がないだけです。
じっとスワップポイント貯めるだけではない!?守りも強いスワップ派の投資法!3位をチェック!

一目均衡表にはストキャスティックスの機能もある。それは何かというとHLバンドのHとLの線は、ある一定期間の相場の高値と安値を表している。日々線が高値と安値の中心にきたところは50%の位置である。だとするとこれはストキャスティックの%Kに値する。HLバンドの中心線が転換線と同じ動きをしていれば転換線を超えれば買い、下抜ければ売りと言う概念は、%Kを超えたら買い下抜けたら売りという考えと同一であり、一目均衡表にはそういう%KあるいはRCIと同じオシレーター系の概念がある。(一目にはいろいろなテクニカルの概念が含まれている)

・相場の張り方
順張りで行く。逆張りという悪いくせを直す。
投下資金に合わせた損切りラインを決めてそれを守る。

・日足の見方について
上がっている時は日足の下値を見る。前日の安値を割り込まない、さらに翌日の日足の下値が前日の安値を割り込まない、常に下値が前日を下回らないかどうかを見る。
下がっている時は日足の上値を見る。前日の高値を上抜かないか、さらに翌日前日の高値を上抜かないか、前日の高値より下にあること、前の高値を超えない、超えない、というところをを見ていく。流れについて行くということだ。

③につづく・・・
スポンサーサイト

ランキングでトレーダーのポジションと戦略を見るランキングのポジションをチェック


円高に強いスワップ派を目指すための、ショートを活用したリスクヘッジの効用3ルールを公開!4位をチェック!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


外国為替証拠金取引ならFROM EAST証券へ 外国為替証拠金取引なら、取引手数料無料、スプレッド1銭からの「みんなのFX」へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。